車を維持するためには一体どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

車維持費の節約術まとめ!任意保険や車検を賢く節約しましょう。

 

紫色の車

車を所有するためには当然維持費がかかってきます。

 

車を所持する上で、維持費を前もって把握することはとても大切です。
乗用車を例にして、車の維持費について説明します。

 

まず、必ず発生する費用についてです。

 

 

自動車税

排気量によって、料率は変わってきます。
また、初度登録年度より13年超えになると割増料金が発生したり、一定の基準を達成しているとエコカーを購入した翌年度が割引・免除になる場合もあります。

 

自動車税は、4月1日現在の車の所有者にその年度に自動車税の納付書が送られてきます。
年度の途中で購入や売却した場合は、月割で計算された金額を納税する必要があります。

 

自動車税を払わないと延滞金が発生したり、車を差し押さえられてしまう場合もあり、また車検を通す際にも納税証明書が必要になるので、必ず納付書記載の期日までに支払いましょう。

 

自動車税は、放置している車でも、ナンバー登録がされている全ての乗用車に発生します。

 

車検も通ってなく、乗る予定のない車は、一時抹消などしてナンバーを返納すれば納税義務はなくなります。

 

 

 

自賠責保険

少し古い言い方をすると強制保険という呼び方もあります。

 

内容は、自動車事故の被害者救済を目的としており、対人賠償のみで死亡事故などを起こした時は最高で3000万円まで保証されます。

 

車検を通す際に、次の車検の満了日までの自賠責保険に入ってないと車検が取れなくなっています。

 

また、自賠責保険は、万が一車検期日を数日忘れて車を乗ってしまっても対応できるように車検満了日から一ヶ月余分に加入しておくのが一般的です。

 

新車の場合は「37ヶ月」、車検・自賠責保険が切れている車に再度自賠責保険に加入して車検を取る際は「25ヶ月」、一ヶ月余分に自賠責保険に入っている車を継続車検で通す際は「24ヶ月」で通すのが一般的です。

 

現在の乗用車の24ヶ月の料金は2万7,840円。
軽自動車で2万6,370円となっております。

 

 

 

重量税

車の総重量に応じて、車検の際に発生します。

 

0.5トンごとに料率は変更され、車検を通す際に荷物をたくさん乗せていると、料率が変わってしまう場合もあります

 

車検を通す時に、たくさん荷物を積んでいる車は荷物を出しておくように言われるのはこのためです。

 

料率が変わるくらい重たい荷物でなく、座席・シートベルトなどの安全装備に支障がない荷物であれば車検を通す際に荷物が乗っていても問題ありません。

 

自動車税と同様、13年超えの車の割増やエコカー減税適用車やエコカーは、割引・免除されるケースもあります。

 

エコカー減税などは、最近頻繁に内容が変わっているところもあるので、車を取得する際に車検時の重量税・自動車保険などの料率を確認しておいたほうがいいでしょう。

 

重量税は、乗っている車を廃車にする場合は申請があれば還付する事ができますが、その後中古車などでその車が使用される場合は、月割計算などはされずに戻ってこないのが一般的です。

 

 

 

印紙代・用紙代

大きい金額ではないですが、車検を通す際に印紙代と用紙代が発生します。
陸運局によって若干違うケースもありますが、印紙代は、数百円・用紙代は数十円程度です。

 

 

 

ここまでが、車を所有して車検を取って乗るために必ず発生する維持費になります。

 

 

 

 

その他、車を走らせるためには、

  • ガソリン車であればガソリン代などのエネルギー費用
  • 任意保険
  • 駐車場がなければ駐車場の月極料金
  • 長く安心して乗るためには整備代金・点検代金・車検代行代金
  • 車を綺麗に乗るには洗車代やポリマー加工
  • エアコンクリーニング

など、細かい例をあげるとキリがありません。

 

大きくまとめると上記で紹介した、

などが一般的に車にかかる維持費となります。

 

事業用途の車両維持費が払えないなら

 

個人所有の車であれば、維持費が厳しくなったら売却してしまうという手もあります。
しかし、事業を営むうえで必要な車両であればそうもいきません…

 

特に税金や車検・故障の時期が重なるとそれらの費用だけでも首が回らなくなってしまうでしょう。
特に維持費の高い大型車両を扱う運送業では融資だけでなく売掛金を前倒しするファクタリングなどを使って資金をやりくりしているのが実態です。

 

運送業で利用されるファクタリング