点検整備代の維持費は、代替えサイクルによって節約するメリットや疎かにするリスクがあります。

代替えサイクルを考える

車の維持費として重要なポイントとなってくる点検整備費用

 

車や各種消耗品の寿命というのは点検整備状況によって大きく変わってきます。

 

しっかり定期的に点検整備にお金をかける事で長い目でみれば大きな故障リスクを減らす事はできますので、点検整備費用を減らす事は無駄な維持費とは一概に言えません。

 

⇒検整備費用も節約について

 

しかし点検整備費用で大きなポイントとなってくるのが代替えサイクルです。

 

 

 

新車で買った車は早々には壊れない

車は機械の塊ですので、新車であっても全く壊れないという保証はなく、それを補う為に新車にはメーカー保証が付いています。

 

しかし全般的な故障リスクで考えれば、新車で買った車が5年や5万km程度の走行距離で大きな故障を起こすリスクは極めて低いです。

 

新車や新古車などで購入した新しい車を買って、定期的に点検整備をしていく事で恩恵を受けられるのは5年以上や5万km以上走った後に得られる事が多く、せっかくお金をかけて点検整備をしていても、早いタイミングで新しい車に乗り換えてしまっては結果的に無駄な維持費となってしまいます。

 

 

点検整備をしていても査定価格はあまり変わらない

車を手放す際の査定では、ディーラーで点検整備を行い、整備記録簿がしっかりしている車は高値が付くと言われる事があります。

 

実際に点検整備をしていない車や記録簿がない車と、しっかりディーラーで点検整備をしている車では後者の方が付加価値はありますが、それで加点される査定代金はごくわずかで、せいぜい1万円査定価格が上乗せされれば良い方というのが現状です。

 

 

 

 

代替えサイクルが短い人は、車の扱いが荒い訳ではない

代替えサイクルが3年や5年など短い人というのは、決して車が短期間で調子が悪くなったという理由で乗り換えている訳ではありません。

 

大半の人が新型車が欲しくなり、乗っている車の査定価値や、新型車の方が低燃費など維持費が安くなるという誘惑に負けて、まだまだ乗れる車を手放して新型車に乗り換えます。

 

購入する時は10年以上乗って、車を乗り潰そうという考えがあっても、数年経過すると車の愛着も薄れ、貯金も増える要因などがあり、当初の予定よりも早く車を買い換えてしまう人が非常に多いです。

 

 

 

 

全体的な車オーナーの傾向

新車の営業マンが口を揃えて、点検整備をディーラーでしっかりお金をかけてやっているユーザーほど、短いサイクルで代替えをしてくれる優良顧客だと言います。

 

逆に点検整備をしっかりやらないユーザーほど、代替えサイクルが長く結果的に大きな故障に見舞われて、高い修理代金を払って乗り続ける傾向があります。

 

これは、お金に余裕がある人は点検整備もしっかり行い、メーカー保証が付いている時点でも新型車が出れば代替えを行い、お金を持っているユーザーほど、点検整備代を払う抵抗が強く、実際に査定価格が付くタイミングでも新型車に乗り換える事ができずにズルズルいってしまうという経済的事情が一番の要因です。

 

自分の代替えサイクルを考えて、数年後に代替えする余力がありそうなら、点検整備は最低限に済まして、10年以上もしくは10万km以上など長く乗る予定や、短期的に代替えをするのが厳しい経済事情であれば、オイル交換をはじめとして整備をしっかり行っていく必要があります。