外車は、全体的に部品代が高く、ハイオクガソリンが主流でガソリン代も国産車よりもかかり、自動車保険も、ぶつけてしまったときの修理代が高いので車両保険料も高くなる傾向があります。

外車は維持費がかかる。ウソ・ホント?

外車はかっこいい車が多いけど、維持費が高い。
こういうイメージを持ってる人も多いと思います。

 

外車の維持費に関して簡単にご説明します。

 

まず税金面ですが、基本的には国産と変わりません。

 

排気量・重量などによって国産と同じ料率で計算されます。
しいて言うならばエコカー減税の適用車が国産よりも少ないという事くらいでしょうか。

 

 

 

外車は維持費が高い。
こう言われるようになっている要因は税金面ではなく、メンテナンス面になります。

 

外車は、全体的に部品代が高い傾向があり、国産でしたら部品量販店やガソリンスタンドでちょっとした物を交換できますが、外車はワイパーひとつ変えるのでも、ディーラーで1~2万円出さないと交換できないケースなどもあります。

 

また、欧米メーカーの車は日本と道路環境が違い、日本のゴーストップの繰り返しの渋滞など街ノリの弱いというのもあります。

 

外国人のおじさん

これが原因で故障するのも多かったですが、最近は一昔前に比べて外車も壊れにくくはなってきています。

 

ブレーキも欧州車などは特に、日本の道路よりもスピードが出ますので高性能なものになっており、交換すると部品代は高く、ブレーキ鳴りなどもしやすい特徴があります。

 

 

こういった、ひとつひとつの部品代が高いというのと、ガソリンも日本車のようなレギュラーガソリンが主流ではなくハイオクガソリンが主流で、ガソリン代が安い国もあり、あまり燃費の事を考えられていない車もあるというのも現状で、ガソリン代も国産車よりもかかる傾向にあります。

 

また自動車保険も、ぶつけてしまったときの修理代が外車が高く、その分車両保険に加入しようとすると、保険料は高くなる傾向があります。

 

 

ですので外車の維持費は、メンテナンス面・ガソリン面・保険の面などが高くなっておりますが、外車メーカーは新車から3年間は、オイル交換・ワイパー交換なども含めて全てのメンテナンスを無料で行っているメーカーもところも多く、新車で購入すれば最初のうちはあまり維持費はかからないケースもあり、ガソリン面も最近はフォルクスワーゲンのポロなど燃費のいい車も出てきており、ハイブリッド化やディーゼル化も進んでいますので、車種によってはあまり負担が増えないケースがあります。

 

 

任意保険も車種によってはあまり高くない車種もありますし、車両保険の内容次第では保険料は抑えられます。

 

全体的に外車は維持費はかかりやすい傾向はありますが、全ての外車が維持費が高いというのは、決して言い切れない内容となっています。