車検時に掛かる自動車重量税は、5ナンバーが7500円、3ナンバーが30,000円ほどかかります。

普通自動車の維持費

 

車を維持するに当たり、何にお金がかかるのでしょう。

 

ガソリン代

ガソリンスタンド

当たり前ですが車が走行するにはガソリン代が必要です。
これは日々変動があり、かつ走行距離や車種にもよるので一概にいくらかかると言えるものではありません。
普通自動車の中でも燃費が良いとされているハイブリッドカーや燃費の抑えられているガソリン車などだと安く済む場合もあります。

 

普通自動車税

自動車税は自動車の排気量によって変わってきます。

  • 1,000cc以下は33,900円
  • 1,000~1,500cc以下は39,600円
  • 1,500~2,000cc以下は45,400円
  • 2,000~2,500cc以下は51,750円
  • 2,500~3,000cc以下は58,600円
  • 3,000~3,500cc以下は66,700円
  • 3,500~4,000cc以下は76,400円
  • 4,000~4,500cc以下は87,900円
  • 4,500~6,000cc以下は101,200円
  • 6,000cc~は127,600円

となっています。一般家庭で使用する普通自動車は大体1000cc以下~4000cc以下になると思います。
またエコカー減税と言うものもあります。
車によって減税の割合は変わってくると思うので、自動車をお持ちの方は車検証や、自動車に張ってあるステッカーを、車の購入を検討されている方は公式ホームページやカタログ、また車の販売店などに確認をしてみましょう。

 

駐車場代

住んでいる場所によっては月極駐車場を借りなければいけなかったり、アパートやマンションにお住まいの方でも場合によっては家賃とは別に駐車場代がかかる場合があります。
住んでいる場所によって金額に開きがあるため、お住まいの近くの駐車場を管理する不動産店に確認してみてください。

 

保険代

乗っている車種や保険内容や運転する人の年齢や違反や事故の有無や保険会社などで差が出てきます。
自動車を保有して保険に入っている方も、これから車を購入して保険に加入する方も、数社の保険会社から見積もりをとり、金額や保証内容を比較してみるといいでしょう。

 

車検代

車が新しいうちは基本的な24ヶ月点検整備費や検査代などの車検基本料と重量税や自賠責保険や印紙代の法定費用しかかかりませんが、例えばオイル交換や不具合などの修理が入ってくるとこれらに追加して料金が発生します。
自動車重量税は5ナンバーの車は7500円、3ナンバーの車は30,000円ほどかかります。
また、車検を行う業者によって車検基本料や検査代が変わってくるので、業者のホームページで調べたり問い合わせてみると良いでしょう。