軽自動車の自動車税は、年間7200円ですが、乗用車の1000ccの一番安いクラスで29500円と大きな差があります。

軽自動車が選ばれる理由は維持費の安さがあります!

現在の新車の中で軽自動車が占める割合は4割ほどと言われています。

 

乗用車の方が、排気量や大きさ、メーカーの数(外車も含めて)などを考えると驚異的な数字ともいえます。

 

軽自動車は日本国内独自の基準で、これだけ軽自動車が普及しているのは日本だけといえます。

 

 

これだけ軽自動車が選ばれている訳はなんといっても維持費です。

 

 

まず多くの人から注目されているのは自動車税です。

現在自家用の乗用車で年間7200円となっており、乗用車でも1000ccの一番安いクラスでも29500円と大きな差となっております。

 

今後軽自動車の自動車税の増税が行われる予定ですが、それでも軽自動車は自動車税が極端に安いと言えます。

 

 

自動車税だけではなく、任意保険・重量税・自賠責保険・部品代なども軽自動車は安く、特に部品代も軽自動車はクラスが小さいだけではなく、車の規格制限が厳しいがゆえ、部品も汎用性が高い物が多く、シェアも高いので、こういった要素もあり軽の部品代はやすくなってきています。

 

 

更に車の性能の進化も大きく、特にオートマミッションの改善により、街乗りから高速走行まで軽でもとても快適に乗れるようになりました。

 

大きさが小さいので取り回しもよく、高速道路も軽自動車は安いので、さまざまな用途でも軽の長所は活きてきます。

 

更にここ数年燃費の進化がすさまじく、今やハイブリッド車と変わらぬ燃費性能を誇っている軽自動車も続々と出てきています。

 

 

ハイブリッドは同じクラスの車種に比べてハイブリッド車は車両価格が高いですが、軽のエコカーは従来までの価格とほとんど変わらず、車種によっては更に安くなっているというのも人気の秘密です。

 

 

赤い車

一度、排気量が大きいい乗用車に乗った人でも、5人以上乗ってでかけたり、軽では積めないような荷物を積んだりする用途が少ない人が多く、維持費重視で軽に変えても、その後大きなストレスや不便もなく乗れてしまうというのも大きいです。

 

また、軽の中でも用途に応じて、室内が広い車やターボエンジン車などもあり、選択肢も多いというのも選ばれる要因となっています。