安い自動車保険会社を選ぶのに、一括見積もりや、ネット見積もりを数社行い、一番安いところを探すというのも良い手段ですが、保障内容や特約の設定の有無を必ず確認しましょう。

任意保険の選び方や節約術

車を保有する上で任意保険というのは必ず加入する必要があるといっても過言ではないでしょう。

 

強制の自賠責保険では対人3000万円が上限となっており、万が一死亡事故を起こしてしまった時の相場は1億円ですし、対物賠償もぶつかった相手が悪いと数千万円という単位で請求されてしまうケースもあります。

 

変にケチって任意保険を省いたり、対人・対物賠償に上限金をかけるのではなく、最低限対人・対物は無制限で入り、余裕があれば車両保険や人身傷害なども加入しておくといいでしょう。

 

 

その中でなるべく安く信頼できる業者を選ぶのが任意保険の節約術になります。

 

最近では大手損保会社もこぞって、ネット通販系の自動車保険に参入してきており、自動車保険を節約する上でネットから加入するというのは一般的になってきました。

 

その中で安い自動車保険会社を選ぶのに、一括見積もりや、ネット見積もりを数社行い、一番安いところを探すというのも良い手段ですが、保障内容や特約の設定の有無はしっかり確認しておきましょう。

 

最近はネット系の保険会社も事故時の対応・満足度をとても重視しており、事故時に通販系の対応が悪すぎて後悔するというのも、ネット系が出はじめた当初の時期と比べると少なくなったと言えます。

 

ですが保障内容や特約は会社ごとにばらつきがあります。

 

今回は2点ほど、おさえておきたい特約を紹介します。

 

 

 

「対物超過特約」

まず1つ目が「対物超過特約」です。これはネット系だと設定しない人も多く会社によっては設定自体がないものですがとても重要です。

 

対物保険は無制限で入っていれば、無制限で相手に賠償してくれると思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

 

車同士の事故の場合、相手の車の修理代金の条件はその車の価値で決まってしまいます。

 

例えば、10年落ちなどの古い車を相手に事故を起こしてしまった場合は、仮に修理代金が50万円だったとしても、その車の市場相場が20万円だとしたら20万円までしか賠償しません。

 

車衝突

当然、相手方は車を壊されて修理に50万もかかるのに20万円しか支払わなければ納得せずにもめてしまうケースもあります。

 

任意保険に入っていれば示談交渉は保険会社が行うとはいえ、示談成立が遅くなれば、自分自身も保険金を全額受け取るのが遅くなってしまうケースもあります。

 

それを解消する為に対物超過とは、対物賠償をする際に市場相場を超える部分も賠償保障できるというものです。事故時にとてもスムーズに話が進みやすくなるのでとてもオススメです。

 

 

 

 

新車特約

もうひとつが「新車特約」です。
これは新車登録をして3年以内の車を対象に、車両保険に入る際に選べる特約です。

 

先に紹介した対物超過は相手の車への保障ですが、これは自分の車への保障と考えていただければわかりやすいかと思います。

 

新車で買って間もない車でも全損事故を起こしたら1、2年経過していれば、全額おりませんし、新車で納車されたばかりの車でも、車両価格しか保険代は出ないので、諸経費等が自腹となってしまいます。

 

そこを保障する為に、新車から3年以内に、修理代金が車両価格の50%を超える見積もりが出る事故を起こした際に、諸経費込みの新車代金を保障してくれるというのがこの特約です。

 

こういった特約の有無や特約加入時での保険代金の安いところをネットで探すのが、良い節約した任意保険の選び方です。